テレビや雑誌で紹介された商品ブログ

テレビや雑誌で様々な最新の商品・サービスが紹介されたら、その商品やサービスの内容を紹介します。

「天災は忘れた頃にやってくる」という格言がありますが、その意味は「天災はその恐ろしさを忘れた頃にまた起こるものであるから、用心を怠らないこと、油断は禁物であるという戒めです。」

いうまでもありませんが、当然、ご承知と思いますが、ついつい日常の多忙に忘れがちです。

「備えあれば憂いなし」と言われるように、様々なリスクに対するマネジメントを施さなければなりません。

その一つが保険(共済)です。現時点での保険は万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産損失を経済的に補てんする仕組みのひとつです。


貯蓄と保険の違い

 

貯 蓄

 金融機関等にお金を預けておいて、「突然の出来事」や「予測できること」に備える一般的な方法です。

しかし、貯蓄では貯めた金額までしか利用できません。(大金を貯めるには何年もかかる)

一方、保険を利用すれば、保険料を支払った時から大きな保障(補償)が得られます。「貯蓄は三角、保険は四角」といわれています。


 


生命保険

生命保険の払い込み保険料はいくら払われているのでしょうか?住宅取得の次に多く払われていると言われています。

平成27年度生命保険文化センターの調査では、1世帯当たり年間385千円だそうです。仮に40年間払い続けたなら1940万円になります。

この様な高額な商品を購入(加入)するキッカケは皆様はどうであったでしょうか?

・親戚・友人・知人の生保レディーに勧められたので、訳が分からないままに加入した。

・会社の昼休みに生保レディー顔を出し、プレゼントを持ってきたので、義理で加入した。

等々、「義理」「人情」「プレゼント」生保レディーGNPによって加入したという方が大勢おられます。

特に新入社員で社会のルールが良く分からない時期に会社に出入りの生保レディーなら間違いはないだろう!って安易に加入し、10年も20年もそのまま更新し続けるケース非常に多く見られます。

先の調査結果をもう少し詳しく見てみますと、次の様になっています。

・全世帯の加入率89.2

・世帯当たり加入件数3.8

・死亡保障額の平均2423万円

・保険の種類 医療保険58.5%、遺族保険53.1

・加入チャネル 生保営業職員 59.4%、代理店・窓口13.7


各世帯の意識(希望)調査

・世帯主に万一の時の遺族補償額 5653万円

・世帯主に万一の時の月額入院保障 255千円

・配偶者が要介護状態の保障額 3308万円


老後生活費保証額(年金に加算する金額)

60歳から64歳まで 201千円

65歳以降 16万円

従って、生命保険は万が一の際には重要な手段であるがゆえに、安易に考えずに慎重に考えて、各ライフステージにあった保障を選びましょう。


損害保険

損害保険には、火災保険(地震保険)、自動車保険、交通災害保険、個人倍種保険などがあります。


火災保険


火災保険はその名のとおり、火災を原因とする損害を補償する保険です。しかし、現在では、風水災などの自然災害や盗難などのほか、損害が発生した際に付随的に発生する費用についても保険金が支払われる、総合補償型の商品(いわゆる総合保険)が一般的になっています。


がしかし、地震や噴火・津波により住宅や家財の倒壊・流出は補償の範囲外です。

地震や噴火・津波に対する住宅・家財を補償するには地震保険に加入しなければなりません。

更に地震保険は火災保険の上限額の30%~50%が限度となりますので、万一全損の場合でも再建は不可能</span>になります。


自動車保険は相手の人・物、自分側の人・物の損害に対する補償する制度です。

・対人賠償責任保険は、相手を死傷させてしまったときに、損害賠償を補償する保険です。

・対物賠償責任保険は他人の財物を滅失、破損または汚損に対する補償です

・搭乗者傷害保険は被保険自動車に搭乗が身体に傷害を被った場合に支払われる保険です。

・人身障害補償保険は、被保険者の過失にかかわらず保険金の範囲内で補償する保険です。

・車両保険は、被保険自動車に生じた損害対して保険金が支払われます

 


以上のように、保険は様々で、多種・多様ですが、万が一の備え対策として、最適な保障をお選びください。

そのためには当サイトを是非、ご活用ください!

 

株式会社保険コネクト

国内最大級!生命保険・医療保険に関するFPへの無料相談・見直しは保険コネクト


株式会社ディノス・セシール

生命保険・医療保険の見直し・無料相談なら保険GATE】


株式会社イッカツ

見積もり比較で家計を節約火災保険一括見積もり依頼サイト


SBIホールディングス株式会社

≪インズウェブ≫自動車保険一括見積もりサービス



FX入門セミナー日本FX教育機構主催
金融庁の投資助言・代理業に登録で、安心してFX指導が受けられます。

残業上限「月100時間未満」で決着へ安倍首相が経団連と連合に要請

 

 政府が導入をめざす「残業時間の上限規制」をめぐり、安倍晋三首相は3月13日、経団連の榊原定征会長、連合の神津里季生会長と首相官邸で会談し、焦点だった繁忙期の上限を「月100時間未満」とするよう要請した。経団連は「月100時間」、連合は「月100時間未満」を主張して譲らずに対立が続いていたが、首相が連合の案に軍配を上げた形。経団連は首相の「裁定」を受け入れ、上限規制は決着する見通しだ。

 

 安倍首相はこの日の会談で、労使トップに対し、「ぜひ100時間未満とする方向で検討いただきたい」と要請。神津氏と榊原氏は会談後、記者団に対し、「首相の意向を重く受け止めて対応を検討したい」と口をそろえた。

 

 残業規制については、労使合意による協定(36〈サブロク〉協定)を結ぶことを前提に、「月45時間、年360時間」を「原則的上限」に設定。繁忙期などの特例として、年間の上限を「720時間(月平均60時間)」にする。月45時間を超えられるのは6カ月まで。とくに忙しい時期の上限は「2~6カ月の平均でいずれも月80時間」を上限にする―ことも固まった。

 

 上限規制について明記した改正法の施行から5年が過ぎた後に、必要な見直しを検討する▽終業と始業の間に一定の休息時間を設ける「勤務間インターバル制度」について、事業主に導入の努力義務を課すことを法律に盛り込む。職場でのパワーハラスメント防止に向け、労使を交えた検討の場を設置する。メンタルヘルス対策に関する新たな数値目標をつくる―ことも固まった。

 

 

変形労働時間制裁量労働制労働時間を本人の裁量にまかせることができますし、また役職手当や営業手当には残業時間を含んでいる場合もある。

さらにはサービス残業も無くなることはないでしょう!

 

政府が目指す「残業時間の上限規制」が労使で合意され、これから法改正、各企業の就業規則の改定等々の作業が進み運営されることになるのでしょうが、企業統治のできる企業や労働組合のけん制機能の果たせる企業は改善されるでしょうが、ブラックに近いグレー企業の統治に政府も気を配ってほしいものです。

 

いつも泣きを見るのは下請けや孫請けの中小・零細企業の従業員や非正規社員です。

不安定な企業にいつまでもしがみ付くことはありません。

もし、現在の環境に不満があるのであれば、様々な情報を入手して、新たな道チャレンジされたらいかがでしょうか。

就活支援サイト

●新卒・中途エンジニア・プログラマー募集
富士通やNECグループからの直請け案件は9割を占めているので安定度抜群!

●東京都内での就活【就活エクスプレス】
東京都からの委託による事業のため、利用はすべて無料!安心サポート!

●求人アプリFacebook【Nexstar】
Nexstarをご利用いただきご入社されると、業界最高額の転職祝金として現金50万円を贈呈します。

●東京しごとセンターヤングコーナー株式会社インテリジェンス
当センターは「東京都」が設置した施設で就職・転職を無料で支援します。

●東京で仕事と住まいの同時提供サービス【TokyoDive】

東京に飛び込みたいが不安でその一歩が出ない方に住居探しと仕事探しを同時に提供します。









文部科学省事務次官の引責辞任の経過

 文部科学省が元高等教育局長の早稲田大への天下りを斡旋した、という問題が世間を賑わしている。この件の責任を取って、前川喜平文科事務次官が引責辞任した。

 

 早稲田大学では、20日に鎌田薫学長が記者会見を開いて、「再就職等規制に関する本学の理解が不足していた」と謝罪。そして、早稲田大学に再就職していた元高等教育局長の吉田大輔教授は辞職した。


 文科省のOBを受け入れることは、『国がどういったものに補助金を割り当てようとしているか』といった傾向を知ることにつながり、『どうすれば補助金をもらいやすいか』という対策を講じる上でも有利に働く。学部新設など、許認可業務にも一役買っていると言われている」と説明する。

 早大への年間経常費補助は90億円規模と言われているが、文科省OBが“窓口”となって補助金を得ることを業界では「土産」と表現されているようだ。

 

 

なぜ、天下りは全面禁止できないのか? 

 世間一般では、天下り批判は、公務員が関連企業に再就職することをいう。しかし、いくら公務員であっても職業選択の自由があるので、再就職全般を禁止することはできない。

 

 そこで、再就職活動に関連して、職員による再就職斡旋禁止、現職時代の求職活動禁止、退職後の元の職場である役所への働きかけ禁止の規制が行われている。

 

 この天下り規制は、10年前の第一次安倍政権の時に成立した「国家公務員法等の一部を改正する法律」(平成19年法律第108号)に基づくものだ。天下りに固執するのは、公務員個々人の資質によるものではない。組織そのものに内在する問題と言わざるをえない。

 

 官僚では年功序列を原則とするから、上級ポストが少なくなって肩たたきされた退職者にも天下りで高給を保証する構造になりがちだ。それをただすには、予算・許認可権限をもつ各省人事当局による斡旋を禁止するのがもっとも効果的である。

 

 役人を長くつとめていれば、このシステムこそが各人に各省への忠誠心を誓わせる原動力になっていることは、誰でも知っていることだ。国民のための政策といいながら、結局、天下り先確保のために組織作りに汲々としている。 

 

 第一安倍政権下において、天下り斡旋等の禁止は、官僚側から猛烈な抵抗を受け、官僚トップとして官邸にいた的場順三内閣官房副長官(財務省OB)は、内閣府職員から天下り斡旋の禁止を盛り込んだ経済財政諮問会議の民間議員ペーパーの事前説明を受けると、机を叩いて激怒した。 

 そして、「欧米とは事情が違う。欧米には、再就職斡旋の慣行がないなんて言うな」といい、「欧米には再就職斡旋の慣行がない」というペーパーの注記を削除した。その注記は正しいにもかかわらず、削除されたのだ。 

 さらに、総理秘書官(財務省出身者)が民間議員ペーパーの事前説明を内閣府職員から受けていたが、それらの内閣府職員に対して「お前ら全員クビだ」と怒鳴ったという。 

 それほど、天下り斡旋等の禁止は組織の根幹を揺るがすものだったのである。

 

 実際、各省の意思決定をしている幹部官僚ほど、天下りの確保は自分の人生の問題として切実だ。官僚が出身省庁に忠誠を尽くすのは、仮に出世競争に敗れても天下りによる給与が保証されているからであった。役所の人事サイドから見れば、退職者に対し「退職依頼+天下り斡旋」のセット、退職者から見れば「依頼承諾+斡旋依頼」となって両者は満足だ。しかし、国民から見れば最悪なのである。

 

 官僚の猛烈な抵抗にもかかわらず、10年前の安倍総理はぶれずに、「国家公務員法等の一部を改正する法律」を国会で通した。 

 ただ、その成立にあまりに多くのポリティカル・キャピタルを投入せざるを得なくなり、結果として第一次安倍政権は短命に終わった。それゆえというべきか、退任時の安倍総理は、記憶に残る仕事として公務員改革を掲げていた。 

 その間の様子をよく見ていたのが、現在の菅義偉官房長官である。そして、天下り斡旋等の禁止の威力を誰よりも理解していた。 

 実は、「国家公務員法等の一部を改正する法律」に基づき200812月に再就職監視委員会が設置されたが、当時の民主党などの反対で国会同意人事が行えず、発足後も委員長・委員不在で開店休業状態だった。 

 こうした事情を知っている人から見れば、民主党は公務員擁護の党であり、公務員改革に熱心でなかった。今、蓮舫代表が、天下り問題で安倍首相を責めるというが、民主党お家芸のブーメランにならなければいいが、と懸念してしまう。

 

 結局、民主党政権末期の20123月にようやく再就職監視委員会の委員長・委員の国会同意人事が得られた。

第二次安倍政権は天下り問題へ本気モード? 

 第二次安倍政権は、一次政権時の国家公務員改革の成果をうまく使っている。2013年3月の国土交通省職員による再就職斡旋、2016年3月の消費者庁元職員による求職が、国家公務員法違反と認定されるなど、監視委員会はやっと本格的な活動を始めた。

 

 第二次安倍政権では内閣人事局も発足させ、各省のトップ人事を菅官房長官がしっかりと掌握している。ここが、第二次安倍政権の絶対的な強みである。

 

 今回、再就職監視委員会は、国交省、消費者庁に次いで文科省にメスを入れたのだが、今回の文科省はあまりに不用意だった。

 

 ただし、他省庁でも、程度の差こそあれ、似たようなことはやっている。なにしろ、国家公務員法で違反としているのは、再就職のための情報提供、再就職依頼の禁止などである(国家公務員法第106条の2など)。これらは、事実行為であり、いわゆる天下りにはつきものなのは、国家公務員であれば誰でも知っているはずだ。

 天下りに詳しいジャーナリストは「霞が関において文科省は“天下り率”が極めて高い」とも指摘する。実際、衆院調査局が2005年に実施した天下りに関する調査がそれを示しているという。

 

 調査によれば、各府省庁が認可した公益法人や独立行政法人などに役職員として「天下り」した国家公務員は05年4月時点で2万2093人。天下りが最も多かったのは国土交通省の5762人で、次いで、厚生労働省の3561人、文科省の2260人-が続いた。

 

 補助金などの金額では、文科省からの交付が約2兆1600億円と最多だった。

 

 こうした天下りの背景には、局長や次官といった主要ポストが限られ、キャリア官僚が定年前に辞める特殊な人事システムがあるといわれる。

 

 キャリア官僚の多くは50歳前後に退官するのが慣例となっている。退官予定者の再就職先は、省内の関係部署が割り振りを行い、大学など就職先へ個人情報を提供するなどして支援する。(前述の)衆院の調査では、早稲田大への天下りは32人に上った。再就職は、退官から2カ月以内などあまり大きな空白期間をおかないのが一般的で、天下りを果たした職員らは少なくても、年金が満額支給されるまで天下りを繰り返し、天下り先は3カ所程度に上ることが多いという。

 

 文科省の局長クラスの退職金は6500万円前後とみられるが、天下りがもたらす恩恵も大きく「有名国立大の理事に就任すれば学内では個室、公用車付き。年間約1800万円の報酬を得られるほか、勤続年数が5年なら800万円ほどの退職金を手にすることができる」という。

 

 

今回の文科省の一件で、他の霞が関官僚は震え上がったに違いない。なにしろ事務次官のクビがあっという間に飛んだわけだから、官僚としては大騒ぎだ。

 

10年前にあっさり倒れた安倍政権ではなく、今や空前の長期政権にもならんとしている安倍政権である。それも、知謀の菅官房長官が、内閣全体ににらみを利かしている。

 

10年前の第一次安倍政権崩壊時に祝杯を挙げたという霞が関官僚は、これから頭を高くして眠れないのではないか。もっとも、伝家の宝刀は抜かずに、その威光だけで官僚たちをひれ伏させることもできるので、宝刀の無駄振りはしないだろう。


天下り根絶を国民は望んでいる!

国民やマスコミが公務員に対して、公務員制度改革で改革を行ってほしいものとして一番に挙げられるのは、天下りの根絶ということが挙げられます。

天下りの問題としては、まずは省庁と民間企業の間での癒着が起きたり、お互いの利権が温床化したりするということです。

次に、複数の企業を渡っていくという人にとっては、退職金が重複して支払われると言うことになるので、退職金が無駄遣いされているということと、天下りポストを確保すると言うことそのものが目的化されることにより、そのことによる税金の無駄遣いが指摘されると言うことなどあります。

 

つまり、天下りは人や金について、資源の無駄遣いをしているということから、国民にとっても天下りを根絶してほしいと思うのではないでしょうか。

 

----------最後までお読み頂きありがとうございます。----------

◆アイドルグッズ、時計、スリム下着、美容・健康グッズ、バッグ、ゴルフグッズなど色んなモノを販売しています。

◆弊社は販売の他に出張対応も行っており、DIYでは難しい事も対応可能です。 また、一部商品には製品保証も付属しておりますのでWで安心です。


◆いつもスーパーで見る有名メーカーの飲料・食料を中心に、送料税込で「定価の半額-3分の1」でお試しできます。


◆毎月全国紙1社、地方紙40社に掲載する「生活に便利なグッズ」商品ネットで購入できます。


◆業界最安値に挑戦……激安価格で販売中です!

このページのトップヘ