『親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん』

吉田松陰の歌で、子が親を思う心よりも、子を思いやる親の気持ちのほうがはるかに深いということ。

江戸時代の終わりに、幕府を非難したため、安政の大獄で、処刑された吉田松陰が、死の直前

に残した言葉のようです。

親孝行であった吉田松陰が、自分の処刑に当たって、親が自分の死んだことを知って、どんな

に悲しむだろうかと、親に先立つ 親不孝を悲しく思って作った歌のようです。

このことわざには、「けふの音づれ何と聞くらん」という下の句があるようです。

全部の句の意味は、「私が親を思う心よりも親の慈愛のほうが優れている。だから、

今日の私の死を、親はどんな思いで聞くのであろうか」 となると思います。

いつの世でも子供の成長を願わない親はいないでしょうが、「愛情を注ぎ」、「バランスの良

い食事」、「しっかり運動をさせ」、「睡眠を充分にとり」さらに不足がありましたら、次の

栄養を補給することをお勧めします。

栄養素補給(補助)商品として

  ◆MAX GPC α  カプセルタイプ 初回価格 9720円/月

  ◆ノビーノ  錠タイプ  初回価格 990円/月

  ◆アスミール 飲料  初回価格 2050円/月 

抵抗力強化サプリメント商品として

  ◆エンズキッズ ゼリータイプ  初回価格 2980円/月 

脳の発育栄養素補給商品として

  ◆みんなのみかた ドリンク  初回価格 500円/10日分