男の身長コンプレックスは根深いことはよく言われています。16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者のモンテーニュは、「もしも私がこの人生を繰り返さねばならないとしたら、私の過ごしてきた人生を再び繰り返したい。過去を悔やまず、未来を恐れもしないから」なんてカッコいい言葉を残している。が、その一方、「私は身長が平均よりやや低い。この欠点は単に醜いばかりでなく、ほかの不愉快の種で、負担となる」なんてことも口にしていたらしい。偉大な哲学者サマですらこうなのである。

 

 そこで、身長と所得の相関関係について、様々なデータを拾い集めてみました。

 

●アメリカ・ペンシルベニア大学のニコラ・パーシコ教授らは、その人の所得と11歳、16歳、成年時の身長との関係を調査。それによると、所得に影響を及ぼすのは16歳のときの身長で、イギリスの白人男性(平均身長176.6cm)の場合、身長が2.5cm高くなると、その所得は2.2%増え、アメリカ(平均身長175.7cm)の場合では、1.8%増だったという。(2004年)

 

●オーストリア国立大学の経済学者アンドリュー・リー教授とシドニー大学のマイケル・コート博士が、オーストラリア男性(平均身長178.1cm)を対象にした調査研究では、身長が5cm高い男性は収入も1.5%多くなる。年収換算で9万円増加。(2000年)

 

●ロイター通信によると、オーストラリア国立大学が2009年に発表した研究結果では、「高身長の人ほど年収も高い」傾向があり、5センチの差で950豪ドル(約86000円)の差が出たという

 

●大阪大学教授で経済学者の大竹文雄教授らが行ったアンケートを、同大学大学院の福澤洋樹氏が検証したところ、「学歴、勤続年数、企業規模、親の学歴、育った家庭の生活水準などをコントロールしたとしても、1cm身長が高くなると時間当たり賃金は約1.5%高くなる」とか。(2005年)

 

●アメリカ心理学会の専門誌に発表されたある研究によれば、身長が1インチ(2.54cm)高くなると、年収が$789(約95000円)増えるという結果が出たそうだ。

 

 

●アメリカの大人気作家マルコム・グラッドウェルのベストセラー「Blink」で、アメリカのFortune 500企業の約半数のCEOを調べたところ、その平均身長は182cmで、アメリカの男性の平均身長175cmを約7cm上回ったという。さらに30%のCEO187cm以上だった。

もちろん、これはアメリカのトップエグゼクティブに、そもそも大柄な白人男性が圧倒的に多いということも影響しているが、体格がいい=生存能力、戦闘能力が高い、という本能的・生物学的連想から、リーダーとしての資質がある、とみなされることが多いということのようだ。

 

 これらの調査はあくまでも“平均”の話で個人にあてはまる話ではない。が、背丈が高いことは収入にプラスに働くらしい……。

 

 そしたら、自分の子供の背丈の低いのは遺伝子のせいだとあきらめず、努力して将来安定した生活がおくれるようにしてあげるのが、親としての務めかも……。

 

人間の骨を作るベースとなっているのは、肉や魚などに含まれるタンパク質が元となり、そこへカルシウムやリンが付着することで硬い骨が作られるのです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆絶対に摂っておきたい背を伸ばす栄養素 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

リン…土台となるタンパク質やカルシウムと一緒に骨を作る

マグネシウム…骨の強さやしなやかさを調整する栄養素。
カルシウム…硬い骨を作るのと同時に、骨を維持するためのマグネシウムセットで摂る必要あり。カルシウムとマグネシウムは
21の割合で取ることが推奨されている。

ビタミンD豚肉などに含まれる栄養素で、小腸でカルシウムの吸収を促す効果が期待できる。

ビタミンK骨のベースとなるタンパク質にカルシウムを付着させる効果を高める。

 

カルシウム、マグネシウム、亜鉛に関しては、普段の食事だけでは不足しがちです。

特にカルシウムは、子供の骨の形成に必要な栄養素ですが、腸での吸収率が低く、多くが便から排出されてしまうので、食事から十分なカルシウムを摂取するのは困難であるという問題がありますので、カルシウム、マグネシウムを含む骨の成長を助ける商品をご紹介します。

 

◆成長期に必要な栄養素のバランスを考えた栄養補助ドリンク『フィジカルB』です。

 

◆子供の成長に必要な栄養をしっかりサポートする『ポリカル』です。

 

◆成長ホルモン分泌を促すアミノ酸17種類配合した『トータルアップ』です。 

 

◆お子様の成長をサポートする保健機能食品『スクスクのっぽくん』です。

 

◆成長(身長を伸ばす)に特に必要なものは『アルギニンというアミノ酸』です。