テレビや雑誌で紹介された商品ブログ

テレビや雑誌で様々な最新の商品・サービスが紹介されたら、その商品やサービスの内容を紹介します。

2016年10月

 

男の身長コンプレックスは根深いことはよく言われています。16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者のモンテーニュは、「もしも私がこの人生を繰り返さねばならないとしたら、私の過ごしてきた人生を再び繰り返したい。過去を悔やまず、未来を恐れもしないから」なんてカッコいい言葉を残している。が、その一方、「私は身長が平均よりやや低い。この欠点は単に醜いばかりでなく、ほかの不愉快の種で、負担となる」なんてことも口にしていたらしい。偉大な哲学者サマですらこうなのである。

 

 そこで、身長と所得の相関関係について、様々なデータを拾い集めてみました。

 

●アメリカ・ペンシルベニア大学のニコラ・パーシコ教授らは、その人の所得と11歳、16歳、成年時の身長との関係を調査。それによると、所得に影響を及ぼすのは16歳のときの身長で、イギリスの白人男性(平均身長176.6cm)の場合、身長が2.5cm高くなると、その所得は2.2%増え、アメリカ(平均身長175.7cm)の場合では、1.8%増だったという。(2004年)

 

●オーストリア国立大学の経済学者アンドリュー・リー教授とシドニー大学のマイケル・コート博士が、オーストラリア男性(平均身長178.1cm)を対象にした調査研究では、身長が5cm高い男性は収入も1.5%多くなる。年収換算で9万円増加。(2000年)

 

●ロイター通信によると、オーストラリア国立大学が2009年に発表した研究結果では、「高身長の人ほど年収も高い」傾向があり、5センチの差で950豪ドル(約86000円)の差が出たという

 

●大阪大学教授で経済学者の大竹文雄教授らが行ったアンケートを、同大学大学院の福澤洋樹氏が検証したところ、「学歴、勤続年数、企業規模、親の学歴、育った家庭の生活水準などをコントロールしたとしても、1cm身長が高くなると時間当たり賃金は約1.5%高くなる」とか。(2005年)

 

●アメリカ心理学会の専門誌に発表されたある研究によれば、身長が1インチ(2.54cm)高くなると、年収が$789(約95000円)増えるという結果が出たそうだ。

 

 

●アメリカの大人気作家マルコム・グラッドウェルのベストセラー「Blink」で、アメリカのFortune 500企業の約半数のCEOを調べたところ、その平均身長は182cmで、アメリカの男性の平均身長175cmを約7cm上回ったという。さらに30%のCEO187cm以上だった。

もちろん、これはアメリカのトップエグゼクティブに、そもそも大柄な白人男性が圧倒的に多いということも影響しているが、体格がいい=生存能力、戦闘能力が高い、という本能的・生物学的連想から、リーダーとしての資質がある、とみなされることが多いということのようだ。

 

 これらの調査はあくまでも“平均”の話で個人にあてはまる話ではない。が、背丈が高いことは収入にプラスに働くらしい……。

 

 そしたら、自分の子供の背丈の低いのは遺伝子のせいだとあきらめず、努力して将来安定した生活がおくれるようにしてあげるのが、親としての務めかも……。

 

人間の骨を作るベースとなっているのは、肉や魚などに含まれるタンパク質が元となり、そこへカルシウムやリンが付着することで硬い骨が作られるのです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆絶対に摂っておきたい背を伸ばす栄養素 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

リン…土台となるタンパク質やカルシウムと一緒に骨を作る

マグネシウム…骨の強さやしなやかさを調整する栄養素。
カルシウム…硬い骨を作るのと同時に、骨を維持するためのマグネシウムセットで摂る必要あり。カルシウムとマグネシウムは
21の割合で取ることが推奨されている。

ビタミンD豚肉などに含まれる栄養素で、小腸でカルシウムの吸収を促す効果が期待できる。

ビタミンK骨のベースとなるタンパク質にカルシウムを付着させる効果を高める。

 

カルシウム、マグネシウム、亜鉛に関しては、普段の食事だけでは不足しがちです。

特にカルシウムは、子供の骨の形成に必要な栄養素ですが、腸での吸収率が低く、多くが便から排出されてしまうので、食事から十分なカルシウムを摂取するのは困難であるという問題がありますので、カルシウム、マグネシウムを含む骨の成長を助ける商品をご紹介します。

 

◆成長期に必要な栄養素のバランスを考えた栄養補助ドリンク『フィジカルB』です。

 

◆子供の成長に必要な栄養をしっかりサポートする『ポリカル』です。

 

◆成長ホルモン分泌を促すアミノ酸17種類配合した『トータルアップ』です。 

 

◆お子様の成長をサポートする保健機能食品『スクスクのっぽくん』です。

 

◆成長(身長を伸ばす)に特に必要なものは『アルギニンというアミノ酸』です。

 

『親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん』

吉田松陰の歌で、子が親を思う心よりも、子を思いやる親の気持ちのほうがはるかに深いということ。

江戸時代の終わりに、幕府を非難したため、安政の大獄で、処刑された吉田松陰が、死の直前

に残した言葉のようです。

親孝行であった吉田松陰が、自分の処刑に当たって、親が自分の死んだことを知って、どんな

に悲しむだろうかと、親に先立つ 親不孝を悲しく思って作った歌のようです。

このことわざには、「けふの音づれ何と聞くらん」という下の句があるようです。

全部の句の意味は、「私が親を思う心よりも親の慈愛のほうが優れている。だから、

今日の私の死を、親はどんな思いで聞くのであろうか」 となると思います。

いつの世でも子供の成長を願わない親はいないでしょうが、「愛情を注ぎ」、「バランスの良

い食事」、「しっかり運動をさせ」、「睡眠を充分にとり」さらに不足がありましたら、次の

栄養を補給することをお勧めします。

栄養素補給(補助)商品として

  ◆MAX GPC α  カプセルタイプ 初回価格 9720円/月

  ◆ノビーノ  錠タイプ  初回価格 990円/月

  ◆アスミール 飲料  初回価格 2050円/月 

抵抗力強化サプリメント商品として

  ◆エンズキッズ ゼリータイプ  初回価格 2980円/月 

脳の発育栄養素補給商品として

  ◆みんなのみかた ドリンク  初回価格 500円/10日分



風邪・インフルエンザ対策

 今年もそろそろ冬の季節が来ました。鍋を囲って家族団らんやスキーやスノーボードなどの雪山スポーツも楽しみですが、やはり、風邪やインフルエンザの予防は欠かせません。

 そこで、インフルエンザ予防接種を是非お勧めします。10月中旬から12月中旬が良いとされ、流行期の前に接種を受けましょう。
成人は
1回接種で十分な効果が得られます。  

また、65歳以上は地方自治体により異なりますが費用補助がありますので、活用してください。

 

予防の大原則

  

●栄養と休養

  不規則な生活、栄養不足は線毛の働きを鈍くしてしまいます。またウイルスなどの病原体に対する抗体の産生を遅らせます。這ってでも出てこいといわれて無理して仕事をすると結局症状は長引き、仕事の効率は悪くなります。思い切って休むこと、休ませることも、最終的には生産性の向上につながります。

 

●禁煙

  タバコの煙には発癌物質をはじめたくさんの化学物質が含まれています。線毛の働きを低下させる物質も入っていますので、喫煙者は風邪の治りが悪くなります。風邪をひくとタバコがまずくなりますので惰性で吸い続けることはやめ、思い切って禁煙しましょう。

 

●栄養摂取で免疫力向上

しっかりと予防対策につながる栄養をを摂取して、 免疫力を高めることで、インフルエンザなどのウィルスに強くなっていきます。

今日食べたから明日から効果が発揮されるということではありませんが、 毎日意識して摂取すると体質がウィルスに強い身体へと改善していくので継続してください。。

 

インフルエンザの予防効果が高い食材

生姜

生姜の中にはセスキペルテンという鼻詰まりを解消し、咳を抑える働きのある物質が含まれています。

また、新鮮な生姜を摂ると粘膜に付着したウィルスと戦う力である、抗ウィルス性物質の分泌を促す効果もあります。

 

納豆やヨーグルトなどの発酵食品
納豆やヨーグルトなどの発酵食品は予防効果が高いと言われています。
納豆は強い抗菌作用があって、O-157やサルモネラ菌も予防するというほどです。
抗ウィルス作用のあるジピコリン酸という成分が、ウィルスから感染する病気に効果があると言われています。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は免疫細胞を活性化するので、免疫力UPの効果があります。

 

良質のたんぱく質

タンパク質は免疫の働きを保って、免疫力をUPするのに大活躍します。

 

肉・魚・大豆などの植物性タンパク質とこちらも偏りのないように摂るのが一番です。

 

みかんなどの柑橘系の果物

みかんやグレープフルーツの柑橘系の果物にはビタミンCが多く含まれています。

一日に500mgのビタミンCを摂ることで、インフルエンザや風邪にかかるリスクが大幅に減少することが研究で分かっています。

 

にんにくや玉ねぎ

 

にんにくに含まれるアリシンという辛味の素になる栄養素は、ウィルスやバクテリアから身体を守る効果があることも分かっています。

 

山芋やオクラなどのネバネバする食品

山芋やオクラなどに含まれるネバネバになる成分ムチンは、 実は人の体にもあるもので体の中の粘膜に含まれています。

 呼吸した空気の通る気管や食べ物が通る消化管、目などの表面をカバーしていてウィルスなどの外敵から身を守っています。

 

 

ビタミンDは

インフルエンザや風邪の予防で、実は、ビタミンDも高い予防効果があることをご存知でしょうか?

ビタミンDも積極的に摂ることでインフルエンザの予防に効果があることが分かっています。

 

★免疫力を高める

★インフルエンザなどのウィルス予防効果

★高血圧や糖尿病などの生活習慣病

★大腸がんや一部のガンの発症リスクの低下

に効果があるという研究結果もあります。

 

そのほかにも、魚類、キノコ類、チョコレート もよいと言われています。食事はやはり、

バランスよく摂ることが体の免疫力UPには重要となります。

 

毎日いろんな栄養素をバランスよく摂れるようなメニューを心がけるようにすることが、予防効果を上げることに繋がります。

 

しっかり食べて、 睡眠もしっかりとって、

 

寒くても太陽の光を浴びて運動することが予防にもつながるので継続していきたいですね。



●寒冷刺激を避ける

 冬場の葬式や通夜に行って風邪をひく人がいます。これは長時間冷気を吸い込むと鼻や喉の粘膜の血管が収縮して、粘膜面にある線毛の動きを悪くしてウイルスや細菌が住み着きやすくしてしまうからです。線毛は鼻から気管・気管支粘膜に高級絨毯のようにぎっしり生えていて、常に侵入してきた異物を波打つような動きをして外部に排泄するような働きをしています。

 

●うがいをする

 口やのどの粘膜に付着したウイルスや細菌を洗い流す効果があります。ただ、これらの病原体は極めて短時間に細胞内に侵入するので、効果はあまり期待できないとも言われています。

 

●マスクを使う

 ウイルスや細菌はとても小さく、マスクのガーゼなどは簡単に通過できます。ただ痰やつばなどは通れませんので、他人にうつさない効果は多少期待できます。更にマスクは鼻や口の湿度を保つのに有効です。 

 冬の外気は湿度30%以下も珍しくありませんが、呼吸で吐き出す息は湿度が100%近くあります。呼気の水蒸気はマスクのガーゼに付着し、次の吸気でそれを吸い込むことができますので粘膜の加湿ができるわけです。

 

●手洗いをする

 電車やバスに乗ったら他人の行動をよく観察してみてください。咳をするときはマナーとして殆どの人は口に手を当てているはずです。その手には風邪のウイルスがたっぷり付着しているでしょう。

そして咳が収まるとその手でつり革、手すりにつかまります。風邪患者の身体から離れたウイルスは最低20分は生きているといわれています。条件が良ければ何時間も生存可能です。風邪患者が触ったつり革、手すりに次客が触れるとウイルスはその人の手に乗り移ります。
 インフルエンザノロウイルスなど様々の菌をまずは家に持ち込まない、持ち込んだら即座に除菌することで家族へのまん延を防ぎましょう。



381_bn



382_bn



383_bn










 



日本人としてのおもてなしの心

 

 2020年東京オリンピック招致活動のプレゼンテーションでは,“おもてなし”がキーワードとなりました。
 日本人が気質の中に持っているとさえいわれている“おもてなし”は,世界共通語では“ホスピタリティ”といわれます。主にアメリカ資本の外資系ホテルから発信されたサービスのよりどころが“ホスピタリティ”です。

  “ホスピタリティ”は,歓待・厚遇,相手への思いやりと訳されます。“おもてなし”も基本は同じ意味だと考えます。
 しかし,日本独特の“おもてなし”は,もう少し深い意味がこめられているように感じます。ここでは,“ホスピタリティ”と“おもてなし”について考えてみましょう。

 

 お客様のために何ができるかを考える

 

 どちらかというと,“ホスピタリティ”は,お客様を楽しませる会話をしたり,大層な歓迎の挨拶をするなど,直接お客様と接する場面での応対を重視しているように思います。一方で,“おもてなし”は,お客様にとって居心地のよい空間づくりに重きを置いているのではないでしょうか。

  たとえば,準備段階から,相手の好きなお花を生けたり,季節に合った掛け軸を用意するといったことです。何よりも大きな影響を与えるのが,そのお花を生けたり,調度品を選んで飾る人の思いや気持ちだと思います。お会いする相手のことを考えて,自分がお客様のために何ができるのかを考えて行動することが,おもてなしの第一歩だと考えます。そのような心配りが随所に感じられて,お客様は「大切にしてもらっている」と実感するのではないでしょうか。

 もともと日本人は,奥ゆかしさを大切にする文化があったため,さりげない心遣いやサービスが,いまでも引き継がれていると思います。

 

◆日本文化について

日本には素晴らしい日本文化があり、それらをもっと知り、おもてなしの際に生かせないのでしょうか。

 東京五輪で多くの外国人が来日されるでしょう。そのおもてなしのために、これまで興味のなかった、茶道・華道・芸術・武道等々の日本文化を知ろうとするキッカケにしてもよいのではないでしょうか。

 まだ、4年あります。入門コース位はクリアできるかもね・・・。

 

◆“おもてなし”本来の姿!

究極はさりげない心遣いやサービスに奥ゆかしさを大切にする文化、相手に不快感を与ええない「服装・容姿」、「立ち振る舞い」、「言動」をキチットすること!です。

服装は流行を取り入れることは大事ですが、いつでもどこででも流行を取り入れすぎるのも大人の女性として品があるとは言えませんよね。

 今、その場所、そこにいる周りの人たちとのバランスを考えて服を選ぶ-TPOに合わせて-というのが、まさに重要になってくると思います。

 

言葉使いも若い子にしかわからないような言葉を使うのも品があるとは言えません。そういう言葉を使い続けていると、頭が悪そうにも見えてしまいますよね。

 あと、いろんな人ともつながりをもてるように、話題は豊富にしておく必要がありますよね。

 相手を褒めるのも大事だと思います。相手の服装や持ち物など、ちょっとしたことをさりげなく褒めてあげると相手も気分が良くなりますし、そこから話題も広がっていきます。褒め上手であるのも大人の女性としては重要になってくると思います。

 相手に不快感を与えない事項は多々あります。ひとつひとつクリアして、日本人の大人を目指しましょう!




●腸内環境を整えて、心身ともに若々しく対応しましょう!
  ≫≫≫腸内環境サプリ【天然美通】
361_bn


●いつまでも若々しくみられ!スタイルのよい体を保ちましょう!  
  ≫≫≫大人のスムージーダイエット

362_bn



●軽快なフットワークをいつまでも保ちたい!
  ≫≫≫新成分iHA配合【タマゴサミン】

364_bn

●目指せ!脱・大人ぽっちゃり!
  ≫≫≫TVCMで話題!【大人のカロリミット】
 
365_bn

このページのトップヘ